脳疲労を解消する方法

脳疲労を解消する方法

「脳疲労を解消する方法」を簡単にいくつかご紹介します。

 

・ 1分間目を閉じるだけで脳疲労の回復になります。
目を閉じるだけで、脳への情報の80%がカット出来ます。人間の五感から得られる情報の割合というのは、視覚80%、嗅覚・触覚16%、聴覚4%ということで、意識して目を閉じるだけで、脳を休まることになります。

 

・ アクション映画を観ることで脳疲労が解消します。
一旦緊張した脳が、ホッとした瞬間に脳は、より高いリラックス効果を得るといいます。アクション映画にその効果が高いのです。あとは同じ効果として、敷居の高い店に食事に行くと、多少の緊張状態で食事を摂ることになりますが、美味しい!という反応でリラックス効果が高まります。

 

・ 昼寝をするのがとてもいいようです。
昼寝の1時間は、夜の睡眠の3時間程度に匹敵します。しかし、長すぎる昼寝はリズムを狂わす原因になるので、30分〜1時間が昼寝に適度な長さです。

 

・ 休日の過ごし方を工夫することが大切です。
脳は右脳と左脳、別々の働きをしています。休みの日は、普段しない事をすることで、バランス良く脳を使うことになり、脳がリフレッシュします。事務職など、数字や言語を扱うことを普段している場合は、左脳がよく使われて疲れているため、休みの日には右脳を使うことを意識することで、左脳を休ませる効果があります。右脳を使うには、想像で絵を描くのが効果的。逆に、デザインやモノを作る作業を普段している場合は、休日は本を読むのがオススメです。