効果的な疲れの取り方

効果的な疲れの取り方

疲れを取るにはお風呂が効果的です。

 

最近ではシャワー派の方も多いですが、シャワーだけだと、体が芯から温まらず、リフレッシュ効果も少ないので、疲れを解消するところまではいきません。
ぜひお湯に浸かる習慣をつけてみてください。

 

お湯は熱い温度ではなく、ぬるめ。なぜ熱いお湯ではいけないのかというと、体の表面だけが熱く感じて、芯まで温まらないうちにのぼせてきてしまいます。
湯冷めもしやすく、血行も意外とよくならないので、疲労物質が排出されていく作用もあまり働きません。

 

ぬるめの38℃〜40℃くらいに20分〜30分、ゆっくり浸かることで、体が芯から温まり、ぬるいお湯なのでのぼせたりもありません。緊張した筋肉がほぐれ、血行がよくなり、体に溜まった一日の疲労が排出され、上がった時には体が軽くなったような気にさえなると思います。

 

お風呂は精神的な疲れの解消にも効果的です。好きな香りのアロマをたいたり、湯船に浸かりながら好きな音楽を聴くのもいいですね。アロマは好きな香りであれば、それだけでリフレッシュ効果があるので何でもいいのですが、リラックス効果があったり、疲れを癒す効果のあるものがオススメ。

 

ぬるめの長湯で体の疲れを、好きなものに囲まれるリラックスした環境で、脳と心の疲れを癒してください。そのままのリラックスした感じで眠りにつけたら、溜まった疲れも解消されていくのではないでしょうか。