睡眠前の準備が重要?!

睡眠前の準備が重要?!

疲れを解消するには、「睡眠」がとても大事です。

 

人は、寝ている時に体や脳の疲れを取っているのですが、睡眠の「質」を高めることで、慢性的な疲れを解消できる鍵になります。

 

・日光を浴びる
まず、朝起きたらカーテンを開けて日光を浴びましょう。人間の体は、朝に太陽の光を浴びることで、体内時計が調整されます。それがまず、いい眠りを得て疲れを取る第一歩です。

 

・就寝前の習慣を見直す
いい眠りの最中、私たちの自律神経は、副交感神経が優位に働いています。その状態というのは、体温が下がり、血流は穏やか、心拍もゆっくり。つまりリラックスモードな状態です。眠る前に、体をこのような状態にもっていけると、いい睡眠が得やすいです。寝る前の飲食(コーヒーやチョコレートなど)、多量のアルコール、ゲーム、などは、逆に交感神経を刺激し、興奮状態になってしまうため、リラックスした状態で眠りに入れないため、気をつけましょう。

 

・呼吸法
また、さらに質のよい眠りを得るために、寝る前の5分間、呼吸に集中する時間を設けます。この5分間は、仕事のことや悩み事など考えず、無心になり腹式呼吸をします。体全体に新しい酸素が取り込まれることで気分もリセットされ、リラックス出来ます。

 

短時間でも深い眠りが得られてくると、疲れをリセットしやすい体に近づき、慢性的な疲れからもいつの間にか開放されていくことでしょう。