疲れたときはにはやっぱりこれでしょ!

疲れたときはやっぱりこれでしょ!

疲れた時には、ぜひ音楽鑑賞をしましょう。

 

音楽療法とも呼ばれていますが、どんなに疲れた日でも、ボタン1つで音楽は流れ、癒しの空間を作ってくれるので、本当に手軽な方法です。

 

音楽の種類は、自分の好みのもので何でもいいのですが、疲れを取るためにはスローテンポの曲がいいでしょう。

 

スローテンポの曲は、体にいい影響を及ぼすことが医学的にも証明されています。心地いい音楽を聴くことで、脳内がアルファ波と呼ばれる状態になり、βエンドルフィンと呼ばれる脳内ホルモンが分泌されます。

 

それが脳神経に良い作用をもたらすと同時に、ゆったりとしたメロディを聴くことで、興奮していた心拍数が落ち着き、血液の循環もよくなるといいます。

 

その結果、免疫力が高まり、疲れが取れるというものです。

 

クラシックのように、歌詞のない音楽でも効果はもちろんありますが、歌詞のあるものでももちろん構いません。歌詞の付いている曲は、自分の声を出して一緒に歌うことが出来るので、疲れを癒す点では更に効果があるかもしれません。

 

疲労回復や、ストレス解消のCDなども、今や数多くあります。

 

普段の生活に音楽を取り入れることは、疲れを溜め込まない一つの手段として定着してきています。